ソフトバンク光10gbpsプランが4月1日より提供開始!

ソフトバンク光 10Gbpsプランが3月24日に発表されました。

ソフトバンク光 10Gbpsプランのサービスは、4月1日から提供開始となります。

最大通信速度10Gbpsの光ブロードバンドサービスにより、大容量のコンテンツでも高速でダウンロードでき、より快適にインターネットを利用が期待できます。

ソフトバンク光 10Gbpsプラン料金や対応エリア、おうち割の適用内容、Wi-Fi対応機種などを詳しく解説します。

ソフトバンク光10gbpsプランの概要

ソフトバンク光10gbpsプランは、NTT東西が提供する「フレッツ 光クロス」の光コラボです。

フレッツ 光クロスの提供エリアや提供機器を利用して活用しています。

ソフトバンク光10gbpsプランの正式名称は「SoftBank 光 ファミリー・10ギガ」となっており、ホーム(戸建住宅)のみの提供となります。

マンションタイプでの提供はありませんのでご注意ください。

ソフトバンク光10gbpsプランの対応エリア

ソフトバンク光10gbpsプランの対応エリアは、

4月1日〜:東京23区の一部(大田区、世田谷区、杉並区、練馬区、板橋区、足立区、葛飾区、江戸川区)
4月1日〜:大阪市
6月1日〜:名古屋市

と都心部から順次提供が開始されます。

フレッツ光クロスのエリア拡大に合わせてソフトバンク光10Gbpsプランもエリア拡大していきます。

エリア拡大については以下のように述べていました。

具体的なスケジュールは決まっていないのです。サービスが多くの人に使われれば、エリアは早く拡大していくことになるでしょうし、逆にユーザーが少なければ、なかなかエリアも広がらないというかたちになると思います。

つまり、当面はサービスの提供状況を見つつ、エリア拡大の検討を進めていくということになります。

いよいよ始まる10Gbps接続の「フレッツ 光クロス」、NTT東日本を直撃!

利用者が増えれば、ニーズがあるため、投資効果があるということで拡大していくものと思われます。しかし、利用者によってはエリア拡大に時間がかかるとのことです。

NURO光でも、2Gbpsのサービス提供エリア拡大に1年単位で行っている状況です。まだ開始されたばかりなので2020年は3都市だけになるかもしれません。

ソフトバンク光10gbpsプランの料金

2年自動更新プラン 5年自動更新プラン(TV) 自動更新なしプラン
SoftBank 光
ファミリー・10ギガ
6,300円 5,800円 7,400円
ホームゲートウェイ
(N)10ギガ
500円
SoftBank 光10ギガ
スタートキャンペーン(24カ月間)
-1,100円
ホームゲートウェイ(N)10ギガ 月額利用料無料キャンペーン(24カ月間) -500円
合計(24カ月間) 5,200円 4,700円 6,300円

ソフトバンク光10Gbpsプランはキャンペーン割引が適用されるので2年間は同じ料金で利用できます。

ソフトバンク光で提供している公式キャンペーンの適用も従来通りの条件下で適用できあmす。

  • おうち割光セット
  • あんしん乗り換えキャンペーン
  • 新生活応援キャンペーンなどの工事費無料

ソフトバンク光のキャンペーンはのページで解説しています。

関連ページ:【ソフトバンク光 代理店 比較】おすすめ お得契約ランキング!

Wi-Fi通信はフレッツ提供HGW(W-Fi6(11ax)対応)

ソフトバンク光のWi-Fi通信は光BBユニットでした。
しかし、ソフトバンク光10GbpsプランのWi-Fi機器はフレッツ光提供のHGWとなります。

最新無線通信規格(Wi-Fi6)対応ルータで下り/上り最大2.4Gbps対応となります。
Wi-Fi6は、11axと呼ばれ、iPhone 11シリーズや、ソフトバンク5G対応のAQUOS R5G、AXON 10Proなどに対応しています。

2019年後期〜2020年以降に発売するハイモデルスマートフォンにWi-Fi6(11ax)が対応しているとお考えください。

ソフトバンク光10gbpsプランの注意点

ソフトバンク光10gbpsプランの注意点を解説します。

ソフトバンク光10gbpsプランは、通常のソフトバンク光 ホームタイプとは異なります。

通信方法は、IPv6 IPoE接続にてフレッツ網に接続が基本でフレッツ光提供の機器を利用します。
従来のソフトバンク光サービスと異なるので提供できない(見合わせている)サービスがいくつかあります。それに合わせて申し込み方法やおうち割光セットの適用条件が従来とことなります。

ソフトバンク光10gbpsは新規契約のみ

ソフトバンク光10gbpsは新規契約のみです。

現在利用しているソフトバンク光ホームタイプからのプラン変更はできません。

回線自体が異なることから、工事費24,000円が必須となります。

また、フレッツ光からの転用、光コラボ間の事業者変更も受け付けていません。

開始されたばかりのサービスなので今後条件が緩和されるかもしれませんが、今のところ10ギガを取り扱う事業者の対応としては同じかと思います。

ソフトバンク光10gbpsは「おうち割」適用条件に差がある

ソフトバンク光10gbpsのおうち割光セットの適用条件は、「BBユニット」「ホワイト光電話」の2つです。おそらくセット割引で500円のオプションに落ち着くかと思います。

ソフトバンク光では光BBユニットを利用して、IPv6IPoE接続していました。

しかし、光BBユニットが10Gに対応していないため、フレッツ光のHGWにて通信をおこないます。
そのため、光BBユニットを使ったWi-Fiマルチパックの提供ができなくなりました。

光BBユニットのWi-Fi機能は使わずにホワイト光電話の接続のみに使うことになります。

おうち割光セット自体はなくなりませんが、オプション内容が従来と異なるので注意してください。

ソフトバンク光に10Gbpsがおすすめない人

ソフトバンク光の10Gbpsがおすすめな人は以下のコンテンツを利用する人です。

  • 4K/8K高画質の映像をみる
  • 4K VRなど大容量の通信を必要とする
  • eスポーツ(オンラインゲーム)利用で低遅延を避ける必要がある

これらに当てはまる方であれば契約をおすすめします。

そもそも、フレッツ光クロスを提供し始めた背景として、2020年は東京オリンピック・パラリンピック開催で4K映像配信が広がるだろうということがありました。
販売系として家電量販店でテレビと一緒に10Gbps光回線の契約を世の中のスタンダードにしたかったようです。

コロナウイルスの影響でオリンピックは延期となりましたが、4K/8K映像に合わせて10Gbps需要が広がっていくかと思います。

ソフトバンク光 10Gbpsは必要なのか

ソフトバンク光 ホームタイプでおうち割光セットを適用させる方であれば10Gbpsはほぼ必要ありません。

最低でも30Mbps程度あれば、YOUTUBEなどの動画は満足して見れます。5Mbps程度の速度で低画質なら見れます。

ホームタイプであれば、光ファイバー1芯を使っているため、200Mbps程度は期待できます。

ソフトバンク光 IPv6高速ハイブリットで十分な速度は出る

ソフトバンク光 10Gbpsプランがまだ不要な理由は IPv6高速ハイブリットがあるからです。

ソフトバンク光の速度が遅くなる理由は、従来型のインターネット接続方式IPv4 PPPoEを利用しているからです。

IPv4 PPPoE接続だと、接続部分の混雑で通信遅延がおきやすくなります。

IPv6高速ハイブリッドでは、IPv6ネイティブ接続サービス、および、IPv4 over IPv6技術によるIPv6ネットワーク上でのIPv4接続を可能にしました。

小難しい話なしにIPv6高速ハイブリットを利用すれば十分速度が出ます。

IPv6高速ハイブリットの利用方法は、 光BBユニットレンタルを活用してONUにつなげるだけOKです。(申し込み時にオプション契約をすれば自動的に付けてもらえます、)

IPv6高速ハイブリッドの評判

ソフトバンク光 10Gbpsプラン まとめ

  • 10Gbpsプラン 料金は2年間変わらない
  • 10Gbpsプラン ホームタイプ 新規契約のみ
  • 10Gbpsプラン を必要とする人は4K/8K映像を求める人

4K/8K映像を楽しみたい人であれば申し込みをおすすめします。
ただ、現状としてはキャンペーンの兼ね合いでソフトバンク光利用者よりも他社回線から乗り換えた方がお得になりそうです。

Copyright© 【ソフトバンク光 代理店 比較】おすすめ お得契約ランキング! , 2020 All Rights Reserved.